賃貸&不動産【神奈川】空室・入居者募集の賃貸物件をお持ちの大家さんへ「定期借家」リロケーション・転勤中の留守宅を賃貸>「期間限定」「更新がない」リロケーションのお家賃は?

定期借家の賃料

入居者募集のご相談・受付はこちら

「期間限定」をお家賃に換算

普通賃貸借と定期賃貸借の間には賃料の差も生じます。

定期賃貸借・定期借家・リロケーション物件の賃料が安い理由

 転勤留守宅を賃貸するケースで、定期借家として募集した場合、入居者は期間満了後に新たな物件へ引越しをしなければなりません。そこで、当然引越しに費用がかかります。その為、多くの場合定期借家の物件は避けられます。

同じ定期でも期間により条件が変わる。

 転勤留守宅のリロケーション、定期借家物件では、通常3年程度の契約期間が主流です。しかし、極端に短く1年とか、逆に10年という期間を定めた定期借家の物件もあります。この期間の条件により賃料は左右されます。

どの位安くなるの?

 不動産業者でも、定期借家の賃料は悩まされます。一般的に3年の契約期間で10%〜30%程度安くなるようですが、先ずはオーナー様のご希望の条件で募集してみればよいのではないでしょうか?